パブリシティ情報アーカイブ

  1. 日本の古本屋メールマガジンその267に、自著を語る「白戸満喜子『紙が語る幕末出版史 『開版指針』から解き明かす』」が掲載
  2. web掲載されました★読売新聞日曜書評欄(2019.1.13)にて、西法太郎『三島由紀夫は一〇代をどう生きたか あの結末をもたらしたものへ』(文学通信)が紹介されました(評・苅部直[政治学者・東京大学教授])。
  3. 読売新聞日曜書評欄(2019.1.13)にて、西法太郎『三島由紀夫は一〇代をどう生きたか あの結末をもたらしたものへ』(文学通信)が紹介されました(評・苅部直[政治学者・東京大学教授])。
  4. 【我が社の一冊 2018】文学通信。悩んだ末に...。1冊って難しいです。ぜひご覧下さい。
  5. ボーイズラブが地味な古典を救った? 井原西鶴の奇書「男色大鑑」をBLとして読む(好書好日〈朝日新聞〉)
  6. 近刊検索デルタ「発売してから、どうですか(仮)」第2回:文学通信『国語の授業の作り方 はじめての授業マニュアル』古田尚行
  7. Togetterにまとめました。★古田尚行『国語の授業の作り方』(文学通信)★授業の質を高めていくために、何が有効か。【文学通信で勝手にタイトルを付けています】
  8. 江戸BL好き歓喜!紗久楽さわ、大竹直子らが参加!『全訳 男色大鑑』 (BL漫画、小説レビューサイト ちるちる)
  9. 松尾葦江氏の『国語の授業の作り方』への評と、古田尚行氏の返答★『国語の授業の作り方』
  10. 産経新聞【本ナビ+1】(2018.7.21(土))にて、前田雅之『なぜ古典を勉強するのか 近代を古典で読み解くために』が紹介されました【評・橋本麻里さん】※記事へのリンクを追記しました