「日本語の間接発話理解 : 第一言語,第二言語,人工知能における習得メカニズムの認知科学的比較研究」研究発表会(平成31年3月30日 (土) 13:00~17:30、国立国語研究所 多目的室)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
https://www.ninjal.ac.jp/event/specialists/project-meeting/m-2018/20190330/

--------------------

開催期日
平成31年3月30日 (土) 13:00~17:30
開催場所
国立国語研究所 多目的室 (東京都立川市緑町10-2)
交通案内
事前申込み不要です。

プログラム

12:30
開場

13:00
開会

13:00~13:20
「間接発話理解のプロセスの解明がなぜ重要なのか ―本公募研究の趣旨に代えて―」
宇佐美 まゆみ (国立国語研究所)
13:20~13:50
「間接発話理解と言語発達との関係について」
松井 智子 (東京学芸大学)
13:50~14:20
「児童における極性質問に対する間接応答の理解」
三浦 優生 (愛媛大学)

14:20~14:30
休憩

14:30~15:00
「文脈ないし韻律との不調和を有する発話における皮肉理解」
中村 太戯留 (慶應義塾大学)
15:00~15:30
「日本語学習者の間接発話の習得 ―質問紙調査報告」
重光 由加 (東京工芸大学),大塚 容子 (岐阜聖徳学園大学)
15:30~16:00
「人工知能による皮肉理解」
内海 彰 (電気通信大学)

16:00~16:10
休憩

16:10~17:00
「手話と間接発話について」
高嶋 由布子 (東京学芸大学)
17:00~17:30
ディスカッション
17:30
閉会