第10回諸橋轍次博士記念漢詩大会・記念講演 ロバート・キャンベル「日本漢詩文を『文学』と呼ぶべきかをめぐる考察」(2018年11月10日(土)、諸橋轍次記念館)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr

講演会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.kenoh.com/2018/11/07_kanshi.html

--------------------

【ロバート・キャンベルさんはアメリカ出身の日本文学者で、東京大学名誉教授、国文学研究資料館館長にも就く。テレビ出演も多く、幅広く知られる。「日本漢詩文を『文学』と呼ぶべきかをめぐる考察」をテーマに講演する。午後2時開場、2時半開演。定員200人で入場料は一般1,000円、学生無料。チケットは諸橋轍次記念館と三条市立図書館で販売している。問い合わせは諸橋轍次記念館(電話:0256-47-2208、メール:kangaku@city.sanjo.niigata.jp)】