国立国会図書館・調べ方案内「大沼枕山・鶴林関係資料」公開【平成27年に枕山の玄孫、鶴林の曾孫にあたる大沼千早氏より寄贈】

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr

【1. 概要

幕末・明治期の漢詩人大沼枕山(1818-91)とその女婿鶴林(1863-1913)の関係資料で、二人が受けとった書簡等を中心とした266点から成ります。 内訳は、書簡226通、草稿等26枚3冊1綴、画稿2枚、人名録3冊、出納簿1冊、引札1枚、封筒(書簡に付属しないもの)3枚です。国立国会図書館オンライン搭載の書誌[大沼枕山・鶴林関係資料]国立国会図書館の所蔵情報へのリンク ([江戸後期-昭和前期] [写]【WB32-3】)の「内容細目」で、より詳しい内容が確認できます(このコレクションは書誌1件にまとめられています)。

平成27年に枕山の玄孫、鶴林の曾孫にあたる大沼千早氏より寄贈されました。

このコレクションは、国立国会図書館古典籍資料室が所蔵しています】
詳細は以下より。
http://rnavi.ndl.go.jp/research_guide/entry/onuma-chinzan.php