2018年 日本近代文学会関西支部春季大会・シンポジウム「更新される〈明治〉」(2018年6月2日(土)12時30分~、京都大学 吉田キャンパス)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://kindaibungaku-kansai.at.webry.info/201804/article_2.html

--------------------

※要旨
http://kindaibungaku-kansai.at.webry.info/201805/article_1.html

・日時 2018年6月2日(土)12時30分~
・場所 京都大学 吉田キャンパス


■開会の辞
京都大学大学院人間・環境学研究科研究科長 杉山雅人

■シンポジウム
○趣旨説明・司会 ホルカ・イリナ、黒田俊太郎、山本歩

○発表
・芥川龍之介の江戸と明治――奠都五十年言説の中で―― 奥野久美子
・〈明治維新百年祭〉が呼び起こしたもの――『大東亜戦争肯定論』と戦後価値の揺らぎ―― 内藤由直
・三島由紀夫がまなざす明治――政治とエロスのあわい―― 有元伸子
・明治維新五〇年、六〇年の記憶と顕彰――一九一七年、一九二八年の政治文化―― 高木博志

○質疑および全体討議

■閉会の辞
支部長 浅子逸男

■総会

※総会終了後、懇親会を開催します。会費は5000円(学生・院生3000円)の予定です。