高志の国文学館・開館5周年記念企画展「竹久夢二 音楽を描く」(平成29年12月16日(土)〜平成30年2月26日(月))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr

展覧会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.koshibun.jp/news/exhibit/開館5周年記念企画展「竹久夢二-音楽を描く」※1.html

--------------------

※詳細、関連イベント等は上記サイトをご確認ください。

【1概  要 
 竹久夢二は、大正期から昭和初期にかけて、歌曲を中心に、数多くの楽譜の表紙画を手がけました。夢二が描いた表紙画は、それぞれに色彩豊かで、画題、画風、技法、デザインいずれをとっても実に多様で、現在も多くの人に愛されています。
 当時、楽譜は、現在よりも手軽に音楽に親しめる手段のひとつでした。
 松井須磨子が演劇「復活」の劇中で歌い、レコードにも録音されて大流行した「カチューシャの唄」、夢二自身の作詞による「宵待草」、世界的プリマ・ドンナとなった三浦環が歌う「お江戸日本橋」をはじめとした歌曲、菊池寛の小説を原作とした映画の主題歌として人気を博した「東京行進曲」。流行歌から、劇場で歌われたオペラやオペレッタの歌曲、小唄、民謡まで、和洋、新旧を問わず、古今東西の楽曲が、さかんに楽譜として出版され、多くの人に親しまれました。夢二は、こうした楽譜の表紙画を、和と洋、過去と現在の文化が急速に融合し変化する時代の音楽文化を映し出すように描いています。
 本企画展では、東亜薬品株式会社より寄託を受けた竹久夢二作品を中心に、セノオ楽譜や中山晋平作曲全集といった、夢二が描いた楽譜の表紙画を紹介いたします。楽譜を手に、表紙画を見つつ歌に耳を傾けたり、演奏したりした当時の音楽文化をお楽しみいただければ幸いです。】

2会  期 平成29年12月16日(土)〜平成30年2月26日(月)

3開館時間 9:30~18:00(観覧受付は17:30まで)
◆企画展は、12月16日(土)17:00~の開会式後より観覧いただけます。
 12月16日(土)は、20:00まで開館(観覧受付は19:30まで)

4休 館 日 毎週火曜日、12月29日(金)〜1月3日(水)