平成29年度文化的・学術的資料の保存シンポジウム「本の分析学② 本の革」(平成29年12月22日(金)、一橋大学社会科学古典資料センター)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://chssl.lib.hit-u.ac.jp/education/lecture.html

--------------------

平成29年度文化的・学術的資料の保存シンポジウム
主催 一橋大学附属図書館・社会科学古典資料センター
後援 国立大学図書館協会東京地区協会
日時 平成29年12月22日(金)

一橋大学社会科学古典資料センター附設保存修復工房見学会
時刻 10:30~11:30
場所 一橋大学社会科学古典資料センター(一橋大学国立西キャンパス 14番の建物)
その他 参加費無料、先着15名
実務研修への派遣をご検討の機関の方は是非ご参加ください。

実務研修受講者報告会
時刻 13:00~13:50(12:30開場)
場所 一橋大学兼松講堂(一橋大学国立西キャンパス 9番の建物)
プログラム
13:00 概要説明 鈴木宏子(一橋大学学術・図書部)
13:10-13:20 研修報告 倉持隆(慶應義塾大学三田メディアセンター)
13:20-13:50 研修受講者による討論・質疑応答 倉持隆、高石しのぶ(北海道大学附属図書館)、由利江里子(大阪大学附属図書館)、原賀可奈子(九州大学附属図書館)、菊地良直(東北大学附属図書館)
その他 参加費無料、定員なし

シンポジウム「本の革」
時刻 14:10~17:10
場所 一橋大学兼松講堂
プログラム 14:10 開会挨拶
14:20-15:50 講演「革のできるまでと特性」 宝山大喜(東京都立皮革技術センター)
15:50-16:20 講演「本の革の魅力と悩み」 岡本幸治(製本家・書籍修復家)
16:30-17:00 討論・質疑応答 宝山大喜、岡本幸治、吉村圭司(東京都立皮革技術センター)
17:00-17:10 閉会挨拶
その他 参加費無料、定員なし