日本大学文理学部資料館・展示会「満蒙」関係寄贈資料展-記録化された在「満洲」日本人の日常と記憶-(平成29年12月11日(月)~12月23日(土))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr

展示会情報です。

●公式サイトはこちら

http://www.chs.nihon-u.ac.jp/museum/exhibition.php?l=1

--------------------

日本大学文理学部資料館 展示会
「満蒙」関係寄贈資料展-記録化された在「満洲」日本人の日常と記憶-
 会   期:平成29年12月11日(月)~12月23日(土)
 開館時間:平日10時~17時(土曜は13時まで)
 休 館 日 :日曜
※12月23日(土・祝)は13時まで開館。

【日本大学文理学部資料館では、過去3回にわたり「満蒙」に関する展示会を開催してまいりました(平成21年「写された満洲-デジタルアーカイブから甦る哈爾濱都市空間-」、 平成24年「描かれた〈満 ・ 蒙〉-『帝国』創造の軌跡-」、平成27年「現された『満洲国』-〈満・蒙〉影写の多様性と受容-」)。 その過程で、 日本大学文理学部では、幸いにも多くの篤志家の方より、 貴重な戦前・戦中資料の寄贈を賜ることとなりました。
 今回の展示では、そのご寄贈資料から、 整理が終わった資料の一部を展示し、寄贈者の方への謝意を表すると共に、在「満洲」日本人が過ごした日々の一端を紹介いたします。】

主 催:日本大学文理学部・日本大学文理学部資料館
協 力:公益財団法人 東洋文庫
【ギャラリートーク開催のお知らせ】
講  師:松重充浩氏(日本大学文理学部史学科教授)
日  時:12/16(土)11:00~
日  時:12/23(土)11:00~      
場  所:日本大学文理学部資料館展示室(図書館1階)