静嘉堂文庫美術館「歌川国貞展~錦絵に見る江戸の粋な仲間たち~」(<期間>2018年1月20日(土)~3月25日(日)。前期後期あり)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr

展示会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.seikado.or.jp/exhibition/next.html

--------------------

※詳細は上記サイトで。

<期間>2018年1月20日(土)~3月25日(日) <休館日>月曜日(2月12日は開館)、2月13日(火)
※会期中、作品の展示替えを致します。

<前期>2018年1月20日(土)~2月25日(日)
<後期>2018年2月27日(火)~3月25日(日)

【「錦のように美しい」と称され、江戸時代の庶民を熱狂させた多色摺木版画「錦絵」。江戸時代後期から末期(19世紀前半)を代表する浮世絵師、歌川国貞(1786-1864、三代歌川豊国)は若くから頭角を現し、59歳の時、師の名を継いで三代豊国を名乗り、歌川派の総帥として多くの門人を率いて活躍しました。特に美人画と役者絵の名手として知られています。本展では、国貞の代表作の中から、江戸の香りを色濃く湛えた作品を選び、展示致します。慌ただしい日常を離れ、しばし江戸の街にタイムスリップしてみませんか。】