2017年度富山大学ラフカディオ・ハーン研究国際シンポジウム(2017年12月23日(土)・24日(日)、富山大学人文学部3階第6講義室(3F))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www3.u-toyama.ac.jp/hearn/

--------------------

日時:2017年12月23日(土)・24日(日)
場所:富山大学人文学部3階第6講義室(3F)

12月23日(土)日本におけるラフカディオ・ハーン
11:00~17:20

研究発表1:戦後高等学校国語教科書の中の小泉八雲・序説
西田谷洋(富山大学)

研究発表2:文学教育の題材としての小泉八雲―富山大学の近年の実践例をもとに―
小谷瑛輔(富山大学)

基調講演Ⅰ:ハーンの『心』と漱石の『心』―日清戦争認識をめぐって―
小森陽一(東京大学)

研究発表3:ラフカディオ・ハーン「守られた約束」について―原話と再話の比較から見えるもの―
川澄亜岐子(東京大学大学院生)

研究発表4:帝大講師小泉八雲―講義「読書論」「創作論」「文学と輿論」を中心に
服部徹也(慶應義塾大学大学院生)

研究発表5:ハーンと日本人の表情
水須詩織(富山県美術館)

研究発表6:ハーンと大正日本の想像力-佐藤春夫を中心に―
河野龍也(実践女子大学)

総括・全体討論

12月24日(日)ラフカディオ・ハーン研究の今
11:00~17:00

研究発表1:ラフカディオ・ハーンの創作と文化的記憶―「和解」を中心に
結城史郎(富山大学)

研究発表2:ハーンはアメリカでどう読まれたか―『日本―一つの解明』を中心に
水野真理子(富山大学)

基調講演Ⅱ:文化資源としての作家と文学―ラフカディオ・ハーンの可能性―
小泉凡(島根県立大学)

研究発表3:Some more Lafcadio Hearn Materials from the University of Virginia
WILLIAMSON, Rodger Steele (The University of Kitakyushu)

研究発表4:ハーン作品のドイツ語版とユダヤ系文化人たち
岩本真理子(北九州市立大学)

研究発表5:ヘルン文庫書き込み調査報告―『ギリシア詞華集』と『ルバイヤート』をつなぐもの―
中島淑恵(富山大学)

総括・全体討論