弘前市立郷土文学館 スポット企画展「新収蔵資料展」【詩人・一戸謙三の旧蔵資料から、齋藤吉彦の草稿・書簡など、「齋藤吉彦全集」未収録の資料を中心に展示・公開】(2017年12月1日~2018年3月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr

展示会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.city.hirosaki.aomori.jp/bungakukan/
--------------------

2017年12月1日~2018年3月31日

【 明治37(1904)年、弘前市に生まれた齋藤吉彦は、我が国の民俗学開花期に柳田国男、折口信夫に強い影響を受けて民俗学・語学を志し大いに将来を嘱望されましたが、病に倒れ惜しくも26歳の若さで早世しました。
本展は、当館に寄贈されている詩人・一戸謙三の旧蔵資料から、齋藤吉彦の草稿・書簡など、「齋藤吉彦全集」未収録の資料を中心に展示・公開します。
齋藤吉彦と一戸謙三、そして石坂洋次郎との交流を伝える貴重な資料を御覧下さい。】