ふくやま文学館「井伏鱒二の青春 未公開書簡(高田類三宛)の中の井伏鱒二」(2017年12月15日(金曜日)~2018年3月4日(日曜日))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr

展示会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.city.fukuyama.hiroshima.jp/site/bungakukan/

--------------------

【会期】 2017年12月15日(金曜日)~2018年3月4日(日曜日) 
休館日:月曜日 (ただし、1月8日(月曜日)、2月12日(月曜日)は開館し、1月9日(火曜日)、2月13日(火曜日)は開館します。)
年末年始休館日:12月28日(木曜日)~1月1日(月曜日)

【観覧料】 一般 500円(400円) 高校生以下無料  
( )内は前売りまたは20名以上の団体料金

【内容】 井伏鱒二は自分自身のことを語ることが少ない作家でした。自叙伝随筆に「雞肋集」、「半生記 私の履歴書」などがありますが、他の作家とは異なり、自己を取り巻く他者に比重がおかれているといった趣があります。したがって、年譜的事象を詳しく知ろうとすれば、交流のあった人々の証言、書簡類が一級の資料となります。今回の展示では、福山中学校(現・福山誠之館高等学校)時代の同級生高田類三(新市町 高田鋳造所社主)宛書簡を中心として、井伏の青春時代を浮き彫りにしていきます。

シンポジウム「未公開書簡群から浮かぶ井伏鱒二の青春像―自伝・絵画・恋」
講師
 青木美保(福山大学教授)
 前田貞昭(兵庫教育大学大学院教授)
 谷川充美(福山大学非常勤講師)

日時
 2018年1月28日(日曜日) 13時30分~

会場
 ふくやま文学館 研修室 定員 80人

 聴講無料、電話でお申し込みください。
 ふくやま文学館 Tel 084-932-7010