このサイトの使い方

このサイトは、日本語・日本文学の研究書を中心に刊行する、文学通信のブログです。出版社ですが、任務として、日本語・日本文学、その隣接分野の情報収集し、集約して提供する、という仕事も行っており、このサイトがまさにそれを形にしたものです。

自由にご覧いただければ、と思うのですが、使い方をいくつかご紹介いたします。

1■今日は何の学会があるのか知りたい。
→「学会・イベントスケジュール」をご覧下さい。
http://bungaku-report.com/about/event.html

2■デジタル・アーカイブなどの新規公開・更新等、web上のトピックを知りたい。
→「ホームページ紹介アーカイブ」をご覧下さい。
http://bungaku-report.com/blog/cat6/
※このカテゴリーの守備範囲は広いのですが、トピック的なニュースはここに入れてます。

3■学会、例会等、イベントの開催情報を載せてほしい。
→「情報提供はこちらへ」をご覧下さい。お待ちいたしております。
http://bungaku-report.com/about/post.html

4■「文学通信」のweb上の発信情報をもれなくチェックしたい。
→RSSリーダーに以下のアドレスを登録してください。更新情報は全てチェックできます。
http://bungaku-report.com/atom.xml

→または、メールマガジンを登録しておくのもお勧めです。以下でご登録ください。
http://bungaku-report.com/about/mailmagazine.html
※ただし、学会情報等にもれが若干出る場合があります。というのも、メールマガジンは隔週刊のため、タイミング的にどうしてもメールマガジンには掲載されない情報が発生してしまうからです。

5■文学通信のtwitterアカウントは何をやっているの?
→このブログに載せきれない、文学・歴史・出版に関する幅広いトピックをTweetしています。
https://twitter.com/BungakuReport

6■文学通信・無料論文紹介、というtwitterアカウントは何?
→国語国文関連の無料で公開されている論文をTweetしています。
https://twitter.com/BungakuReportRS
博論、紀要、報告書等、拾える範囲で情報提供しています。
ここに掲載した情報は、「文学通信のメルマガ」にも反映させています。
http://www.mag2.com/m/0001681806.html
あわせてご登録ください。

7■facebookやInstagramはどういう位置づけ?
→facebookは、
https://www.facebook.com/BungakuReport/
文学通信のtwitterとまるっきり同じ情報を流しています。
Instagramは、
https://www.instagram.com/bungakureport/
まだ使い道が定まっておりません。

8■過去の学会情報を調べたい。
ご自身のアカウントのグーグルカレンダーに、
文学通信・日本の文学・語学研究のための学会、イベントスケジュール
を追加してください。
その上で、ご自身アカウントのグーグルカレンダーの上部にある検索窓で、検索してみてください。2007年8月以降の学会情報がカレンダーには登録してあります。それ以降の情報から検索出来ます。(登録していないもの多数ありますので、参考程度にしてください)。

9■その他
不明な点がございましたら、info@bungaku-report.com までご連絡ください。
お待ちいたしております。